八千代市内での葬儀と火葬について

  • 八千代市の葬儀における家族葬

    • 葬儀のあり方は宗派や地域性によって決まる部分がありますが、最近はあまり伝統にこだわるというよりも、亡くなった人を心の底から弔う気持ちをたいせつにするという、葬儀本来の趣旨のほうが見直されてきている部分があります。

      八千代市はニュータウン建設などで外部の市町村から移住してきた人たちも多く、葬儀についてもより寛容な風土があります。
      そこで最近では家族葬のような新しいタイプを採り入れるケースも増えてきています。

      八千代で葬儀情報探しのヒントをお教え致します。

      家族葬は従来からある八千代市での葬儀とは異なり、地域や会社関係者などの幅広い層からの参列はなく、もっぱら家族が中心となって執り行われるところがユニークです。


      家族のほかにも親戚や友人程度の、亡くなった人とは親しい間柄だった人たちも呼ばれることがあります。



      葬儀そのものの内容は、家族葬であっても八千代市内で行われる一般葬とそれほどかわりはなく、通夜と告別式があり、僧侶も招かれて霊前で読経をします。参列者による焼香なども同様にありますが、規模が小さいだけに、受付を置かずに喪主が直接参列者と応対したり、場合によっては香典も受け付けないこともあります。



      家族葬は自宅のなかか、または民間の葬祭ホールを貸し切る場合でも、その規模にふさわしい小さな式場を用意するのが普通です。

      あまりにも式場が広すぎる場合は違和感を生じることがありますので、そのあたりは葬祭業者とよく相談をしながら、目的に見合ったものになるように調整しておく必要があります。