八千代市内での葬儀と火葬について

八千代市内での葬儀と火葬について

千葉県の八千代市内で葬儀を執り行う場合ですが、一般には民間の葬祭ホールなどの一室を貸しきって、仏教形式にすることが多いといえます。民間の葬祭ホールも八千代市内では主要な道路かまたは鉄道の駅の周辺に所在していますので、遠方から弔問に訪れる人があった場合でも安心です。


こうした施設の場合には広々とした駐車場も用意されていますので、マイカーで訪れるのにも都合が良いといえます。葬儀の内容は基本的に全国標準とそれほど外れたものはなく、通夜と告別式にわかれ、それぞれ霊前での読経や焼香が入ります。

八千代で葬儀が最近こちらで話題になりました。

告別式の後には火葬場への出棺となり、一般の人にとっては最後の別れとなるため、特に親しい友人や会社の上司などによる弔辞が読み上げられたり、喪主により特別なあいさつがあったりもします。



火葬についてはごく近親者だけが見守るかたちをとるのが普通で、それ以外の告別式の参列者はここで解散となります。



八千代市での葬儀で注意したいのは、火葬場が市内にはなく、別の自治体まで赴く必要があることです。


そのため喪主のほうでは近親者のためにマイクロバスなどを用意することになりますし、みずからは亡くなった人の御棺とともに、霊柩車の助手席に乗って火葬場まで向かいます。
火葬場でも僧侶に短く読経を上げてもらい、その後火葬に付され、骨上げを行うというのが大まかな流れです。

八千代市内に適当な墓地があればそのまま納骨となりますが、なければ一周忌などの節目までに購入の上で、法要後の納骨となります。


  • 大事な葬儀の事

    • 八千代市内で葬儀をするにあたって、昔であれば自宅を式場にするという選択肢もありましたが、今ではそれも困難になりつつあります。伝統的な農家建築の場合には、和室のふすまを外して広いスペースを確保することも容易でしたが、ニュータウン内の建て売り分譲された一般的なハウスメーカーの住宅の場合には、何よりも独立した洋間が多いのが特徴で、このようなスペースを確保するのが難しいといえます。...

      detail
  • 葬儀の予備知識

    • 八千代市は新興住宅街なども多く、伝統的で地域独自のスタイルというよりは、世間一般で行われているスタイルの葬儀となることが通例です。そのため通夜と告別式にわかれた仏教形式で、参列した人が順々に焼香をし、僧侶は読経をもって亡くなった人を導くということになります。...

      detail
  • 葬儀の納得の知識

    • 葬儀のあり方は宗派や地域性によって決まる部分がありますが、最近はあまり伝統にこだわるというよりも、亡くなった人を心の底から弔う気持ちをたいせつにするという、葬儀本来の趣旨のほうが見直されてきている部分があります。八千代市はニュータウン建設などで外部の市町村から移住してきた人たちも多く、葬儀についてもより寛容な風土があります。...

      detail
  • 難しくない葬儀

    • 少子高齢化の時代だからこそ、自分が死んだ後のお葬式について考える方が増えています。自分の死というものがいつ訪れるかというのは誰にもわかりません。...

      detail